おとなの活動

わたしがミニカワサキをやろうと思った理由(普通のお母さん:袖山 佳ver.)

こんにちは。川崎生まれ、川崎育ちの小3の息子を持つ母です。

私はミニカワサキの大人実行委員ですが、特に何もやっていないので、こうしてピックアップして頂くのも申し訳ない気がしています。

ただ、強い問題意識があるわけでもなく、専門知識があるわけでもない、「普通のお母さん、普通のお子さん」がミニカワサキに興味をもつきっかけになればと思い、私の想いをお話しさせて頂きます。



私がミニカワサキをやろうと思ったきっかけは、仲の良い息子の保育園時代からのママ友に誘われたからです。

「こどものまち」も初めて聞くし、ボランティア活動も学生以来でしたが、話を聞いているうちに「楽しそうだな」と思い、参加することにしました。

親が昔から、町内会などの地域活動をしていて、それを見ていたことも影響しているかもしれません。


実は私、新卒で入社し長く勤めた会社を辞めたばかり。

忙しい職場で、子どもと過ごす時間がとれないことに疑問がつのり、働くのは好きだったけど、辞めることにしました。

そういうお母さんって、きっと多いのではないでしょうか。

今は、子どもと一緒の時間を過ごせて、ストレスフリーの生活ができて(笑)、とても充実した時間を送っています。

ただ、時々ふと「自分にもっとナニカがあったらな」と思うこともあります。

会社だと異動が多くて、「コレ!」と自信が持てる専門分野が身につかなったなーという後悔が少しあるというのでしょうか。

それは、ミニカワサキ大人実行委員の素敵な方を見ていても思います。
「みんなすごいなー」と思います。

でもですね、そんな時に「無理せず自分のままでいる」。
これってとても大切なことだと思うんです。
さいわい皆さんも「よしちゃんはいてくれるだけで、安心するわー」と仰ってくれるので、これが私のいいところなんだと思います。

なので、できないことはできないと言い、よくわからない議論はスルーして(笑)、自分にとっての優先順位(今は自分の家族)を守る。

そういう大切なことって、一人でいると逆にわからなくて、みんなの中に入って初めてわかる。
そういうことってありますよね?



まちづくり、とか、仕事体験、とか、難しいことはよくわかりませんが、

・地元のお祭りに行ったら、小学校以外の友達がいたり、

・自分の好きなことが見つかったり、

・みんなで一つのことをやり遂げて、達成感を味わえたり、

息子がそうなってくれたらいいなーと思っています。

ミニカワサキのメンバーはとっても親しみやすく、「まちのお兄さんお姉さん」みたいな方ばかりです。

もし「うちなんかが参加してもいいのかな?」と思っている方がいらしたら、そんなご心配は全然必要ありませんので、ぜひお気軽に飛び込んでみてください。

ということで、普通のお母さん代表の袖山の「私がミニカワサキをやろうと思った理由」でした!(文責:すやまともこ)


一緒にまちづくりをしてくれる
まちづくりクラブメンバー
募集中です!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *