おとなの活動こどもの活動

2018.8.16第2回大人会議 feat.特命子ども地域アクター

8/18(土)2回目の大人実行委員会が開催されました。
今回も・・・7時間!!

前日までは「まぁ早く終わるだろう」と思っていても、
当日になると、あれもこれも考えなきゃ!とみんなで大慌て。
気がつくと、あっという間に17時で片付けタイムです。

今回は午後から「子ども地域アクター」のこどもたちが合流。
8人のこどもたち(小学生~高校生)が大人会議に加わりました。

なぜって?
ご指導してもらうためです(笑)

冗談ではなく、ホントに。

私たちは初めての「こどものまち」。
ノウハウなんて、なーんにもありません。
やる気しかありません。

そんな我々に経験豊富なアクターさんたちがアドバイスをくれます。

「昔、ミニヨコではこんなお店が人気だったよ!」
「神様役のアルバイトをしたことがあります(神様役!?)」
「こども警察の役割ってのはね・・・」
「学校は大事! 保護者にも説明しないと「こどものまち」が伝わらないよ!」

そんな中で一番突き刺さったエピソードをご紹介します。

ミニカワサキメンバーが聞きました。
「大人は、「こどものまち」の中に入っても良いのかな?」

一人のアクターさんが答えました。
「ぜっっっっったいにイヤ!!」

「なんで? 何かあったの?」
「前に、市長選挙の時に、自分のこどもの投票先を親が選んでたの。
そういうの絶対にイヤ!」

「・・・・(なるほど)」

「それに、大人は『入っちゃ駄目』って言っても、勝手に入ってくるの。
いつだって、【ルール】を破るのは大人。
こどもは【ルール】を破らないよ。
お店の商品を万引きすることはあるけど【ルール】は破らないもん」

・・・衝撃でした。

万引きも割と悪いことだと思ってしまうのですが(笑)、
そんなのは【ルール】を破ることではないようです。

「こどものまち」にとって、
「こどものまち」を営むこどもたちにとって、
何が大切なのかがハッキリと理解できたように思います。
中学生に教えられました。

ご存知のとおり、
ミニカワサキは初めての試みです。
多くのトラブルやクレームも覚悟しています。

それでも、
「こどものまち」として大切な部分は守り通したいと、
そんなことを感じた1日でした。

******

いつもの広報担当すっちーがヴァカンス中なので、
代表あんどぅがそれっぽく書いてみました◎

******

お知らせ

その1
まちづくりクラブメンバー、継続募集することになりました!
第1回(8/26)に参加できないお子さんもOKです。
まずはご連絡ください♪

その2
9月からクラウドファンディングをスタートします!
是非応援をお願いします!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *